金亞洲工業と精密鋼管会社は、西暦2013年3月5日に

首頁 > ニュース > ニュース > 金亞洲工業と精密鋼管会社は、西暦2013年3月5日に

   

     ドイツ Salzgitter Mannesmann 精密鋼管会社は、すでに128年の歴史があり、なお、巧みで完璧な製鋼と製管技術は国際市場の指導者であること、とリストされており、会社が提供する継目なしの抽出した精密な鋼管の内径は、1.5 センチメートルから410 センチメートルがあり、鋼管の厚さは0.2 センチメートルから 28.5センチメートルもあります。材質は低炭素、中炭素構成の鋼とクロムとモリブデンの合成鋼など各式の材質を含まれています。

 

      金亜洲会社は10 年前にすでにドイツ Salzgitter Mannesmann 精密鋼管会社と商業の付き合いがあって、今回は会社が品質を高めることと産業革新を促進するために総支配人だった方建添 氏は去年の6月に自らドイツの鋼鉄業の大手であるSalzgitter Mannesmann精密鋼管会社を訪問し、双方の合作に関することを討論し、今回の合作する機縁を促成しました。

   

     ドイツSalzgitter Mannesmann精密鋼管会社の総支配人だった Mr.Peter Houben 氏が西暦2013年3月5日に自ら訪問団を率いて、金亜洲工業株式有限会社と、双方の合作協議書に調印することと同時に製品発表会を開催し、今回の合作で、双方の交流を促進し、更にもっと多い成果を上げて、更なる多く成功する実例を打ち立てて、共に共勝ちを創造するように期待しています!